プラセンタ口コミ集めてみました 注射

MENU

特徴

プラセンタの中には薬事法で取り扱っているプラセンタの種類があります。
それは人の胎盤から抽出しているヒトプラセンタを使っているものです。

 

人の胎盤からの抽出と聞くだけで何だか不安に思うこともあるかもしれません。
提携している産婦人科から健康な人の、しかも正常分娩した人の胎盤だけを使っているようです。
主に医療用として使用されています。
国が認めた会社が作っているのです。

 

そのヒトプラセンタには「ラエンネック」「メルスモン」に2種類があります。
それぞれに治療目的が違うのです。

 

ラエンネック肝臓の病気や肝機能障害の治療に使われています。
メルスモン更年期障害の治療に使われているのです。
効果は同じですがその症状に合わせた治療につかっているようです。

 

これらはすべて医療機関での注射での接種になります。
いわゆるプラセンタ注射として扱われています。
そのプラセンタ注射の特徴を見ていきましょう。

 

プラセンタ注射は静脈に接種するので吸収率がいいため即効性があるといわれています。
また効果もしっかり実感することができるといわれています。
しかしながら治療目的なので美容目的では保険外になってしまうことがあります。

 

また効果の即効性は評判がいいのですがやはりヒトプラセンタという点に疑問を持つ声も聞かれます。
というのもヒトプラセンタは人の胎盤を使っているので厳しい検査基準をクリアしたものだけなので安心・安全と言われています。
今まで大きな事例が起きたことは報告されていません。
しかしヒトプラセンタは感染などリスクを否定することができないためあまりおすすめできないとされています。

 

ましてや美容目的ならなおさらプラセンタ注射じゃなくても十分効果を得ることができるとされています。
即効性が高いプラセンタ注射ですが持続性に欠けてしまうため2週間に1度ぐらいの接種ペースになってしまいます。
そのためにお金も必要ですし、医療機関に出向く回数も多くなり維持していくのが大変なようです。

 

プラセンタ注射によって改善していく病気や症状もあるので素晴らしいプラセンタだということはわかりました。
しかしながらいろいろなデメリットな点もあるので美容目的にはおすすめしません。